FIREのリスクや失敗について | ゆうのFIREブログ

FIREのリスクや失敗について

FIRE

こんにちは、ゆうです。私達は40代でのFIREを目標に夫婦共働き得た収入を月40万投資しております。
当ブログではFIREを達成するために必要なお金に関する情報を配信しています。

今回のテーマはFIREのリスクや失敗についてです

この記事で分かる事
✔️FIREのリスク
✔️FIRE失敗による後悔例
✔️FIRE失敗に対する対策
こまった君
こまった君

必要な資金を貯めて早くFIREを達成したいです。

ゆう
ゆう

資金を貯めればFIRE達成は可能です。但し、FIREのリスクって把握してるの?

こまった君
こまった君

え?リスクなんてあるの?

ゆう
ゆう

ここをしっかりと把握して置かないとFIRE後に後悔することもありますよ!しっかりと理解をした上でFIREを目指していきましょう。

記事内広告アドセンス
記事内広告アドセンス

FIREのリスク

FIRE後のリスクとは?と質問された場合皆さんはどういった事を思い浮かべるでしょうか?恐らく殆どの方は資金不足が真っ先に思い浮かぶのでは無いでしょうか?

もちろん、それもリスクの1つではありますが私はサラリーマンのメリットを理解せずFIREする事が最大のリスクだと考えております。

こまった君
こまった君

FIREはサラリーマンを辞めるのが目的だよね?

ゆう
ゆう

その通りなのですが、私はこれが最大のリスクだと考えてます。サラリーマンを辞めるという事がどういう意味なのか?しっかりと理解した上で試行錯誤が必要なのです。

■サラリーマンメリット
・毎月安定した給与所得を得る
・社会保険&厚生年金が半額になる
・社会との繋がりができる
・税金の処理を会社がしてくれる
・スキルや人脈を作る場となる
・社会的信用度が上がる
・思考停止状態でもやる事がある
・定期券が貰える

当たり前になっているため気づき難いですが、サラリーマンの我々はこれら多くの恩恵を会社から与えられており、FIREをするという事はこれら全てのメリットを手放すということになるのです。

FIREを目指す場合は、これら全てを放棄した上での生活をシュミレーションしていく必要があるのです。

FIRE後の後悔

FIREした人のブログや実際にFIREした方が言う事は共通して下記の5つが多いです。

どれもサラリーマンから離れることで発生する後悔ですね。

やることが無い

仕事を生きがいにしていた方や今まで仕事人間だった方に良くある事例で、仕事をしないと他にやる事が無いというケースです。

皆さん最初の2ヶ月くらいはこの何もやることの無い状況を楽しめるのですが暫くすると暇という感情が上回ってしまい、逆にストレスに感じる人も少なく無いようです。

確かに、FIREに向けてバリバリ稼いでいた方が、急に仕事が無くなった場合、何をすれば良いのか?と疑問に感じるのも無理は無いのかもしれません。

運動部が急な雨で休みになり、何して良いか分からなくなるのと同じ感覚なのかもしれませんね。

人間関係が疎遠

仕事があれば定期的に新しい出会いは発生しますし、会社というコミュニティには所属している状態のため、基本的には最低限度の人間関係は構築されている状態です。

但し、FIRE達成後はこのコミュニティが無くなり平日も時間ができます。この場合、家族と過ごす人は良いですが単身世帯はお一人様ライフになる可能性が高いですね。

目標としていたにも関わらず、場合によっては、この状況下を孤独に感じてしまう人もいるようです。

資金が不足

生活費を計算して必要資金を貯めてからFIREしても、資金が不足する事は可能性は多々あります。

例えば、消費増税やインフレなど外的要因によって日々の生活費が大きくなったり、収入源としていた資産収入が高配当株なら減配、不動産投資なら空き家になる等のリスクは容易に考えられます。

また、年金授与額などもアーリーリタイアすると減少しますよね。

もちろん、こういった事も予想して皆さん必要資金の算出をするとは思いますが、人生予定通りに行くことの方が少ないですよ。ここの試算が予想よりネガティブなインパクトがあると資金が不足することになります。

予想外の変化

親の介護やFIRE後に移住した地域が馴染めなかった、自身の健康を害してしまうなど予想外の変化が発生してしまった場合、こんなはずでは無かったのにと後悔してしまうケースが多いようです。

特に、単身世帯の方が結婚をしたくなった場合、ペットが欲しくなった場合など心境の変化も大きなポイントになります。

社会的信用度の低下

サラリーマンを辞めることで社会的信用度は大きく低下します。住宅ローンを組んだりクレジットカードを作る場合などサラリーマンが当たり前にできていた事ができなくなります。

銀行はあなたを信用してくれたお金を貸してくれていた訳ではなく、あなたの所属していた会社を信用してお金を貸してくれているのです。

また、友人など周りからの見る目が変わる場合も多く、資産収入で十分な生活ができていても、労働をしていない人への偏見も少なく無いです。

特に、単身でFIREした後に結婚願望が発生した場合、定職についていない人は嫌厭されるリスクもあります。

FIREの失敗原因

上記のような後悔をしないようにするためには、失敗する人の原因を理解した上でプランを設計する事が大切ですね。

ここからは、悔した人の失敗原因を1つずつ潰していきますしょう!

FIREを目標にしていた

1:やることが無い
この失敗はFIREを最終目標としていた事が原因ですね。

FIREはあくまでも理想とするライフスタイルを達成するための手段です。そのため、FIRE後にどんな生活を送りたいのか?という事をしっかりとイメージする事が大切です。

例えば、FIRE達成後は、毎日趣味のテニスを仲間とする生活を送りたいと思っており、そのため達成を目標としているなどです。

もし、バリバリと仕事をしたいと思っていればそもそもFIREを目指す必要など無いですし。

まずは、目標とするライフスタイル設計が重要です。

FIRE後の生活イメージ不足

2:人間関係が疎遠
これはFIRE後の生活がどのような形になるのか?という事に対してイメージトレーニングが足りなかった事が原因です。

今後サラリーマンを辞めて会社に行く必要が無くなった場合、自分はどういう生活になるのか?どういった人間関係になるのか?果たしてその生活は自分が望んだ生活なのか?と自問自答しながら深掘りをしていく必要がありますね。

余程高いスキルを身につけていない限り、長くサラリーマン社会から離れてしまった人が同じ環境に戻るのはかなり難しいですしね。

資金シュミレーション不足

3:資金が不足
これはFIRE後に対しての資金シュミレーション不足が原因です。

基本的に資産額4%の運用益で生活費を補う4%ルールでFIRE可否を皆さん判断することになると思います。

但し、上述した通りインフレや増税など外的要因により生活費が今後上がっていく可能性は高く、投資資産などの収益額が減る可能性もあります。

そのため、資産のシュミレーションはかなり余裕を持った上でのプラン設計が必要です。

私個人としては、株式投資や不動産投資など単一の資産でFIREするのでは無く、複数の資産から収益を得る状態を作っておく事が大切だと感じてます。

また、完全リタイアするのでは無く短時間でも労働収入を得るようにしておくとさらに安定感は増すと思います。

 

環境変化のシュミレーション不足

4:予想外の環境変化
これは環境変化のシュミレーション不足が原因です。

FIRE後の理想の生活なイメージしていても、ネガティブ要素を無視したお花畑のようなシュミレーションではなく、考えられるネガディブな予測は一度洗い出しておき、もしこういった事例が起こったらどうするのか?など念密なシュミレーションをする事は大切です。

発生確率が著しく低い事態を想像しても仕方無いですが、現実味があるネガティブ要因はしっかりと理解しておく事が後悔や失敗が少なくなりますね。

サラリーマンメリットの理解不足

5:社会的信用度の低下
これはサラリーマンのメリットをしっかり理解できていないことによる失敗ですね。

上述したようにサラリーマンにも多くのメリットが存在します。FIREはこれら全てのメリット手放す必要があり、これらをしっかりと理解した上でFIREする事が大切です。

せっかく目標を達成できても、こんな事ならサラリーマンを続けておけば良かったと後悔しないようにしたいですからね。

まとめ

以上、ここまでが今回のテーマFIREのリスクや失敗についてでした。

最後にこの記事のまとめを書いて今回のテーマを終わりとします。

【この記事のまとめ】
✔️サラリーマンメリットはしっかりと把握する
✔️FIRE後のシュミレーションは深く広く実施


サラリーマンを辞めて自由になるために目指しているFIREですが、サラリーマンを辞めることで失う物も沢山あるという事も理解した上で、それでも目指したい方はFIREを目指していきましょう!

私たちは目指します!!!

以上、ありがとうございました。

FIREにつて詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめです

私達は人気ブログランキングに参加中です!もし、良ければ是非クリックして応援してください☺️クリックすると他の方の人気ブログページにも飛べます✈︎

セミリタイアランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました