夫婦でバリスタFIRE(セミリタイア生活)に向けての資産形成をするブログ | ゆうのFIREブログ

FIREを目指すブログ

FIRE

ゆうのFIREブログへお越し頂きありがとうございます。
このページでは私達夫婦の自己紹介や夫婦の目標であるFIREについて紹介していきたいと思います📝

記事内広告アドセンス
記事内広告アドセンス

FIREブログ概要

まずは、このFIREブログを書いている私達夫婦のプロフィールやブログの概要などを簡単に説明していきますね。

プロフィール

まずは、夫婦の共通プロフィールです👫

年齢:アラサー夫婦
居住:神奈川県
仕事:共働き夫婦
投資:毎月40万追加投資
年収:1,500万超え(世帯年収)
戦略:米国インデックス&高配当株
趣味:旅行、テニス、ホテルステイ

続きまして、夫と妻の個別プロフィールです。

ゆう
ゆう

■夫プロフィール📝
年齢:30代前半

仕事:外資ECセールス&マーケ
職歴:商社,日系企業,外資メーカー

資格:コスメコンシェルジュ
得意:新規領域へのチャレンジ
担当:掃除、ゴミ出し、洗い物
Twitter :ゆう@資産形成(Follows 5000人)

はな
はな

■妻プロフィール📝
年齢:20代後半

仕事:航空会社のCA
職歴:新卒から継続勤務中

資格:TOEIC720点、秘書検定等

得意:ルーティンを正確にこなす

担当:料理、買い出し
Twitter:はな@旅行×ホテル
Instagram:旅ログ@Hotel×Trip

こんな感じの夫婦になっております。

コンセプト

私達夫婦はFIREという状態を目指しております。

FIREを達成できると毎朝通勤電車に揺られて、嫌いな上司や得意先などにグチグチ言われながら、おじいちゃんになるまで住宅ローンや老後資金のためにサラリーマンとして働く必要がなくなるのです。

殆どの方は生活するために、サラリーマンとして労働を強いられていると思いますが、これはサラリーマンとして労働することでしか生活費を稼ぐ事ができない会社に依存している状態だからです。

この会社に依存しないと生活費を手に入られない状況から若い年齢のうちに脱出して経済的に自立することで、いつでも会社を辞める事ができるor辞めている状態を目指すという事をFIREと呼びます。

私達夫婦はこれを目標にしており、このブログではこのFIRE達成に向けて必要な要素や達成の過程を書いていきます。

そのため、このブログは下記を想定読者としております。

・経済的に自由になりたい方
・サラリーマンを早期退社したい方
・FIREを目指している方
・FIRE情報をブログから得たい方

 

FIREについて詳細はこのブログの後半部分で詳しく説明していきます。

FIREを目指している背景

次は、何故私達夫婦がこのFIREを目指しているか説明していきますね。


私達夫婦は結婚してすぐに、夫婦人生で何に優先順位を置くかの指針を作るために夫婦で死ぬまでにやりたい100の事を行いました。もし、死ぬまでやりたい100の事に興味がある方は下の記事を読んで見てください。

①心身の健康
②家族の時間
③非日常体験

結果として、この3項目が夫婦で優先すべき人生の軸にする事になりました。

ただ、これらを優先した理想的なライフプランを設計する事にしたのですが、どう頑張っても定年退職までサラリーマンとして働く場合、人生の大半は仕事を優先した時間の使い方になってしまいます。

仕事のために心身の健康を阻害して、仕事のために家族との時間を削り、仕事のために非日常体験をする機会を少なくする。

はな
はな

労働するための人生みたいね、イケてないわ♡

そんな中、試行錯誤しながらネットなどでも情報を探していた中で三菱サラリーマンさんのブログを見てFIREというライフスタイルを知り感銘を受けました。

頭の硬い私達は「サラリーマンをする=60歳まで働き続ける」しか道が無いと思っていたため、この固定観念を無くして、サラリーマンをしながら経済的に自立した状態を達成することができれば、私達が思い浮かぶ理想的なライフプランに大変近いと思ったのです。

現実味がある選択肢の延長で目標を定めるのではなく、理想の生活を達成するために必要な事に色々と挑戦する人生の方が夢があっていいですよね☺️

但し、いくらFIREを達成できた場合でも不足の事態などを考慮して労働収入を0にしてしまうのは、精神的な安定度が低下する事も考えられます。

そのめ、週に3日程度は労働をするバリスタFIREという形を私達は目標としております。

はな
はな

目指せ週休4日😎


加えて、この労働も自分達が好きな事に絡めて所得を得るサイドハッスルという働き方で達成したいと思っております。

FIRE達成に必要な要素

FIREを達成させるには、サラリーマンをしながら資産額を目標値まで積み上げることがゴールとなります。

そのため、このブログでも資産額を積み上げることに必要な要素メインで配信していきたい思っております。

(①本業+②副業-支出)×③投資=資産額

資産額を積み立てるには①本業と②副業の収入を最大化しながら支出を最小化することで生み出した原資を③投資で増やしていくことになります。

本ブログではこの3つにフォーカスした配信をしていきます。

①本業収入(転職)
②副業収入(事業)
③投資運用(株式)

支出管理も大切なのですが、これは固定費をしっかり抑えておけば正直やることはあまり多く無いので、こちらは本ブログではあまり大体的には取り扱わない予定です

転職について

ゆう
ゆう

世帯年収1,500万超えの夫婦が稼ぐ力について配信させていただきます。

私はサラリーマンが資産形成をするのに一番大切なのは基本的には”本業での入金力の強化”だと考えております。もちろん、私達夫婦も収入の柱は共働きで本業収入です。

しかし、歩合制でも無い限りサラリーマンの年収は中々上がらず、入社した会社の給与ベースで殆ど全てが決まります。

この問題を解決する方法が”転職”です。

夫である私は3回の転職で全て年収アップに成功しており、合計で”約500万年収を上げることに成功しました。

そのため、私は”転職はFIREを達成するため重要な要素”だと考えております。特に”年収が高い外資系企業への転職も推奨”をしてます。

副業について

本業の給与を安定して高い水準で確保できるようになれば、次は副業で第2の収入源を確保したいですね。副業は私達夫婦も現在勉強中で今はSNS運用とブログをメインで勉強中です。

サラリーマンとしての本業収入以外で収入源を得ることは安定した収入を得るためのリスクヘッジや投資資金の増加、本業とは異なるスキルや人脈の形成など大変多くのメリットがありますね。

私達夫婦も資産への投資額の増加と目標であるバリスタFIRE達成後の労働収入の確保という目的で2020年より本格的に挑戦をスタートしました。

SNS運用を導線としたマネタイズ化をメインとしたビジネスモデルの1年間くらいは注力していこうと思っております。

フロー型の労働時間の切り売りでは無く、ある程度ストック性がある副業をメインで頑張っていきたいと思っております。

投資について

ゆう
ゆう

約10年程度FXや株式投資をして来た私が初心者向けの投資情報をお話します。

稼ぐ&貯めるで原資ができたら次は投資でお金を増やします!

入金力を高めて支出を抑えれば次はこのお金を投資に回して、資産を増やします。そのため、このパートでは株式投資を関連の投資情報を配信していきます。また、小難しい株式分析では無くて初心者の方向けの記事を中心に書いていくつもりです。

ちなみに、私達夫婦は積み立てNISA、NISA、iDeCoなどを活用して主に米国高配当株とインデックス投資信託へ月40万投資をしており、着々と資産額を増やしている最中です。

FIRE意味とは?

さて、ここまで散々登場して来たFIREですが、ここからは定義なども含めて詳細に説明をして行きたいと思います。

はな
はな

教えて〜

F.I.R.EとはFinanncial Independence,Retire Earlyの頭文字を取った略語で経済的自立して早期に退職する事を意味するアメリカで流行しているライフスタイルです。

アジアではあまり浸透していないこのライフスタイルは、我々日本人には聞きなれない言葉だと思いますが、日本だとセミリタイアという言葉で以前から浸透してますね。

簡単に言うと一生分の資産を若いうちに稼いで、その資産を切り崩したり、運用することで得た利益により、会社を早期に退社することです。

このワードだけを見ると定年間近のおじさんサラリーマンが少し早めに定年退職するのかな?と感じる方も多いと思いますが、ポイントはこれを20代〜30代で達成を目指している所です。

FIREのメリットとは?

FIRE(セミリタイア )最大のメリットとは、強制労働からの解放です。

大半の人は人生の殆どの時間を仕事に費やす人生ですが、このFIRE(セミリタイア )を達成すると別に会社を辞めないでノンプレッシャーのまま働き続けたり、給料は低いが好きな仕事に挑戦したりと色々と仕事に対しての向き合い方に色々と選択肢を持つことができるようになります。

仕事に縛られずに、自分の意志自由に時間を使えるようになるのは、大変魅力的ですね。

また、現在私達の働き方は大きな変革を迎えております。

働き方改革による残業の削減や終身雇用制度の崩壊、企業のデジタル化などが進んでおり、評価制度も少しずつ成果主義にトレンドが移行して来ております。

こういった改革が進んで行けばそもそも60歳の定年まで働き続けることができない時代が直ぐにやってきます。

この変化に直面した場合、サラリーマンの所得のみでその日暮らしをしている人はひとたまりもありません。

そのため、将来へのリスクヘッジという意味合いでもこのFIRE(セミリタイア )を目指す価値はあると思っております。

FIREの種類とは?

FIRE(セミリタイア ) にはいくつか種類があるため、今からこれらを説明していきます。

LeanFIRE(リーンファイア)

痩せ型FIREと呼ばれており、必要最低限度の資産でリタイアをする形式です。比較的高収入なサラリーマンであれば上手に節約や投資を絡めれば達成できると思われます。

ちなみに、このリーンファイア型を想定した関連記事はこちらです。

FatFIRE(ファットファイア)

肥満型FIREと呼ばれており、十分な資産を残してリタイアをする形式です。

個人事業主の方が事業で成功した場合などは、この形式リタイアも不可能ではないと思います。

一般サラリーマンの方はパワーカップでの共働きや副業などをハイレベルでこなせば達成できるかもしれませんね。

BaristaFIRE(バリスタファイア)

完全に仕事から引退するのではなく、コーヒーショップなどで週に1〜2回程度労働をすることでFIREに足りない予算を補填する形です。私達夫婦はこの形でのFIREを目指してります。

このBaristaFIRE(バリスタファイア)という形はリタイア後も短時間ですが労働を続けることから生真面目な日本人には相性が良いと思います。

FIRE4%ルールとは?

1年間で使う25倍の資産を用意してそれを4%で運用するというのが、FIRE界での定説となっております。

例えば、月20万円の生活費の確保をゴールとすると、下記の計算式により6,000万円必要という計算となります。

6000万円×4%=年間240万(月20万)

また、この年間での必要な生活費によってFIREに必要な資産額は変動していきます。

各金額におけるゴールは下記のようなイメージです。

5000万×4%=年間200万(月16.7万)
7000万×4%=年間280万(月23.3万)

必要な生活費は人によってそれぞれです。特に田舎、都心、沖縄、海外など住みたい場所によって求められる金額は大きく変わってきます。加えて、ゴールにしている年齢が40代なのか?50代なのか?などによっても変わりますね。

特に、生活費とFIREのゴールは密接に関係しておりますので、生活費を下げることはFIREへの大きな近道となります。

もし、生活費を下げたい方は下の記事も参考になるかもしれません。

1年間で500万の貯金をしている私達が意識しているポイントなどを書いてます。

また、現在私達夫婦はセミリタイア ブログランキングに参加中です!ぽちっとして応援してくれると励みになります🐱


セミリタイアランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました